<リトルツリー>の誕生 No.1

リトル・ツリー創始者の孫である現社長のスピーチより
リトル・ツリーの誕生から発売に至るまでの話を直訳でお伝えします


 1930年代,ヒトラーがドイツで勢力をつけつつある頃,ある若い科学者が自分の運をつかめるのはドイツではないと他国へ移る決心をしました。

 まずはオランダ,スペインと渡り歩いた後,オーストラリアを目指すことにしましたが,その当時の海運事情によりまずはカナダのモントリオールに入りました。しかし,その日不幸にもドイツが宣戦布告をしたのです。そのことにより,オーストラリアへの渡航を拒否され,彼はカナダに残らざるをえなくなりました。

 
カナダ滞在中,彼はエバーグリーン(常緑樹)から素晴らしいエッセンシャルオイルを抽出することに成功しました。それから現在本社のあるアメリカニューヨーク州のウォータータウンに移り色々な化学物質を販売しておりましたが,それは小さなスケールのビジネスでした。

 そんなある日,突然彼は「車の香りをリフレッシュする商品」を作ることを思いつきました。そして,その2,3日後には<CAR-FRESHNER>という名前と現在のツリーのカタチが決められました。何故ツリーのカタチになったかは,本人も定かではなかったようです。


 
思いついてから1週間後には初めての試作品<ロイヤル・パイン>が出来上がったのです。

 ・・さて彼はどうやってこれを売り出すことに成功したのでしょうか?



                次ページに続く
リトル・ツリー業務用販売について